KCCS APIサービスに、新たに「暑さ指数予測データ配信機能」を追加しました。

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。

今回、環境省の「 暑さ指数(WBGT)予測値等 電子情報提供サービス 」を利用し、暑さ指数予測データを配信する機能を追加しました。 ぜひ本機能をご利用いただき、熱中症予防に役立てていただけますと幸いです。

詳細は サービス機能概要 をご確認ください。